肯定も否定もあり

何かを信じているって

すごく強みになる って思う


でも


それが、強くなりすぎると

固執になって

なんだか厄介だヮ


○○すべき!!

○○でなくちゃ!!


なんだかすべての文の後ろに

感嘆符がついてしまいそうで

力抜けないね



それは周りの人にも

緊張を強いてしまうし


なにより

自分がしんどいし

こうあるべき! の後ろには

こうあるべきでは無い! があって


それは

誰かや何かを否定して

成り立っている




ここにきて


否定する事はいけない事だ

なんて

否定の上塗りはもっと大変だ



自分の奥深いところと繋がった時

それらのすべてが

自分のものになって


結局


否定しても肯定しても

どちらでもいいんだなって

想うんですよね


コメント


認証コード9325

コメントは管理者の承認後に表示されます。